ゲランアクアアレゴリア(GERLAIN AQUA ALLEGORIA)イベント2019

ゲラン 香水イベント

ゲランのアクアアレゴリアが発売20周年を迎え、人気のアクアアレゴリアコレクションに「ジンジャーピカンテ」と「ココナッツフィズ」の2種類の香りが登場しました。

アクアアレゴリア

発売に先立ち、東急プラザ銀座4階HINKA RINKA(ヒンカリンカ)内で集英社FLAG SHOPとゲランがメディアイベントを開催。

5月31日以降開催されているイベントでは、期間限定で先着スペシャルギフトもあります。

アクアアレゴリアサンプル

フローラ チェリージア、ジンジャーピカンテ、ココナッツフィズの三種類をLINEの友達追加でプレゼントされます(なくなり次第終了)

開催期間:5月31日(金)18:00 ~6月16日(日) 営業時間:11:00~21:00
会場:東急プラザ銀座 4階2nd HINKA RINKA内 集英社 FLAG SHOP
(〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1)

ゲラン株式会社のフレグランスプロダクトマネージャーの斉藤氏が、アクアアレゴリアの纏い方について教えてくださいました。以下で香りの種類と共にご紹介します。

ゲランの歴史 GUERLAIN家の調香師たち

1828年にフランスのパリで生まれたゲラン。フレグランスに関してはこれまで5代にわたる調香師が1100を数える香りを作り出してきました。

ゲラン

初代のピエール フランソワ・パスカル・ゲラン。女王陛下御用達のお墨付きを受け創立50年足らずでヨーロッパ全土の宮廷が愛するゲラン帝国を築いた立役者。オーデコロンインペリアルはナポレオンの后妃Eugénieの依頼で作成されたものです。

pin
ビーボトルの蜂は、ナポレオン家の紋章です。

二代目は、みんな大好きジッキーの生みの親エメ・ゲラン。合成香料をそれまでの天然香料と組み合わせることにより、それまでの天然香料だけでは表現できなかった「官能性」を持つJickyを生み出した近代香水の祖です。

pin

3代目はジャック・ゲラン。ミツコ、ルールブルー、夜間飛行、シャリマー、アプレロンデ、など様々な傑作を世に送り出した20世紀を代表する調香師です。エメ・ゲランの甥にあたり、エメは弟子に取ったジャックに生涯を捧げて教育したと言われています。

pin
4代目は、ジャン・ポール・ゲラン 。アクアアレゴリアコレクションやシャマード、サムサラ、ナエマその他沢山の名香をクリエイトしています。

pin

そして、ゲランの歴史始まって以来はじめて、一族ではないティエリー・ワッサー氏がマスターパフューマ―として選ばれました。

ティエリー・ワッサー

ずば抜けた才能と、嗅覚を認められてゲラン家門外不出のフォーミュラーノートがティエリー氏に渡されました。2008年、ティエリー・ワッサー氏は「ネ(最高の調香師の称号)」を獲得し、ゲランの新たな調香師となったのです。

代表作:Idylle、BAISER DE RUSSIE、L Heure de Nuit、Songe d un Bois d Ete、アクアアレゴリアコレクション

ティエリー・ワッサー氏は毎月、製品の原料である自然の恵みを探求する旅に出ます。安定した品質の香料を得るためや、仕入れ先の品質管理などを管理する一面もあります。

aqua allegoria

アクアアレゴリアコレクションでは、様々な自然の情景を切り取ったフレッシュな香りを展開しています。

ミクソロジーとは?ゲランの香水は調香師が作り上げた作品

今回のミニセミナーのお話で、一番感動したことはゲランの香水に対する想いです。

ゲランアクアアレゴリアイベント

その思いは、ミクソロジーのお話の下りで聞けました。

ミクソロジーとは、素肌の異なる部分に香りをまとったり、時間によってまとう香りを分けることで、周囲の空間に漂う様々な香りを楽しむこと。また、パートナーと違う種類の香水をつけて、同じ空間にある異なる香りを同時に楽しむこと

だそうです。私は重ね付けの事かと思っていました。

以下が実際に話されたゲランの香水について。

ミックスと言うと重ね付けをイメージされる方がいらっしゃるかと思うのですが、ゲランにおいてはそのようなことはご案内は、いたしません。

香り一つ一つが完成された作品であるからこそ、調香師に敬意を払って香りを混ぜることはしません。

ただ、洗練された香りであるアクアアレゴリアの複数の香りを空間で楽しむことができるといったお話でした。

香水が「芸術か否か」意見が分かれるところでありますが、少なくともゲランは香水の始まりが、天然の花の香料だけを使用した、単純で薬用的なものであったところに合成香料を調合し、その表現力を高めて実用性のある芸術として高めたことは事実です。

ゲラン ミツコ ルールブルー サムサラ

もしも香水が実用的な側面だけで事が足りるなら、ミツコもルールブルーも生まれることはなかったでしょう。

新しく出た香り2種をご紹介します。あわせておすすめのミクソロジースタイルも。

アクアアレゴリア ジンジャーピカンテ(Ginger Piccante)

ジンジャーピカンテ

ブランドゲラン
調香師ティエリー・ワッサー
香調フレッシュ シトラス
トップ:レモン・ペッパー・ベルガモット
ハート:ジンジャー・ローズ
ベース:ホワイトムスク・シダーウッド
発表年2019年
香りの感想フレッシュなジンジャーをシュガーレスで頂くイメージ。アクアアレゴリアコレクションのハーバフレスカの清涼感に匹敵します。トップで元気よくスパイスがはじけて、本当にショウガなのですがティーっぽい印象も受けます。ちょっとトーンが違いますがアルベルトモリヤスのテファンタジーを明るくよりフレッシュにしたイメージ。男性が纏っていてもアクアディパルマのシトラス系のコロニア風な感じもするのでとても素敵だと思いました。夏にユニセックスで使用できます。肌に馴染むと若干甘くなってきました。ラストがシダーウッドなので鎮静感もあります。

 

新発売となったジンジャーピカンテとココナッツフィズは、前評判からジンジャーピカンテの方が話題に上がっていたような気がします。私自身も、帝国ブティックで試香した時に、どちらかと言えば甘いココナッツフィズよりも辛口目のジンジャーピカンテが好みではありました。

 

アクアアレゴリア ココナッツフィズ(Coconut Fizz)

アクアアレゴリア ココナッツフィズ

ブランドゲラン
調香師ティエリー・ワッサー
香調フルーティー シトラス
トップ:ベルガモット、ココナッツ ウォーター
ハート:ウォーターフルーツ、ココナッツ、フリージアノート
ベース:トンカビーン、サンダルウッド、ホワイトウッド
発表年2019年
香りの感想ファーストインプレッションは、ジンジャーピカンテを試した後だったので非常に甘く、とことん甘さだけが感じられて自分はつけないかな・・と感じました。しかし、サンプルを頂いて、実際に肌にのせてみるとトンカビーンをバックグラウンドにした優し気な甘さ。まるでアーモンドのような心地よさです。甘さが引いてくるとサンダルウッドが癒しを与えるかの如く包み込みます。この柔らかな瞬間がたまりません。

ココナッツフィズを最初に試した時に脳内で結びついたのが日焼けしたサーファー。ココナッツ=常夏で、勝手にサーファーの方向けの香水と思ってしまいましたが、海ではなくても夏場ならグルマンとは違ったソフトな甘さを演出できる香りだということに使ってみてから気づきました。

GUERLAINおすすめのミクソロジースタイル

ゲランのおすすめのミクソロジースタイルをご紹介します。

ゲランミクソロジー

一番のオススメは、動画でもご紹介されていたベルガモットカラブリアとジンジャーピカンテの組み合わせ。

ベルガモットカラブリア、これすごく良い香りだということにイベントの後から気づきました。ベルガモット・・と名がついているから単純なシトラスと思ってあまり関心がなかったのですが後日試したところ、

pin

ゲランが誇るゲルリナーデ(天然香料)が見事に層をなしていてタダの柑橘ではありませんでした。詳しくは店頭で(笑)香りを画面から伝えられるといいのですが。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゲラン公式さん(@guerlainjp)がシェアした投稿

ゲランのベルガモットはどんな香りとでも相性が良いので、ベルガモットカラブリアはアクアアレゴリアのすべての種類に組み合わせられます。なかでもゲランがおすすめするのは

◇マンダリンバジリック×ベルガモットカラブリア
◇ジンジャーピカンテ×ベルガモットカラブリア

いずれかとの組み合わせです。その他のミクソロジーは以下。

ミクソロジー※マーカー部分がイチオシ
フローラチェリージア◇ローザロッサ
◇テアズーラ

◇リモンヴェルデ
◇ジンジャーピカンテ
◇ココナッツフィズ
マンダリンバジリック◇パッシフローラ
◇ココナッツフィズ

◇ローザロッサ
◇フローラチェリージア
◇リモンヴェルデ
◇テアズーラ
◇ジンジャーピカンテ
ペラグラニータ◇ローザロッサ
◇ハーバフレスカ

◇パッシフローラ
◇フローラチェリージア
◇ジンジャーピカンテ
◇ココナッツフィズ

我が家にあるアクアアレゴリアはリモンヴェルデとハーバフレスカですが、ハーバフレスカはミントがきいていて、ちょっと他にはない感じの香調です。ミントが好きではないとやめたほうが良いですが、私的にはべたつく夏を吹っ飛ばすにピッタリの香りです。詳しくはドギー本澤さんのレビューをご参照ください。

ゲラン ハーバフレスカ
気温が30度近くになってくると、ふだん香りと上手に付き合っている方も、さすがにシトラスでさえうっとうしく感じるようになるという。では、そんな高温多湿の日本の夏に使えるフレグランスはないのだろうか?答えは「ある」だ。しかも、真夏にこそ使いたいスーッとしたひんやり系の香り。陽炎ゆらめく日本の猛暑に、特に女性にヘビロテされて...

 

また、今回はシャワージェルとボディローションも一緒に発表されました。

香り物は好きだけれど、香水はちょっと・という方も、気軽にゲルリナーデを楽しめます。

超レア!190周年ゲランオリジナル蜂のラペルピン

セミナー登壇されていた斉藤さんの胸元に蜂のラペルピンが。

ラペルピン ゲラン

目が釘付けになってしまい、由来を尋ねたところ快く答えてくださいました。

ゲランの190周年を記念して、手仕事で作られたラペルピンだそうです。

ゲランラペルピン

ナポレオン家の紋章、蜂が止まらずにはいられないほどの芳しい香りのゲランに相応しいラペルピンです。

ゲランのスカーフ

余談でサロンドパルファンのお話をしたのですが、ゲランの香水柄スカーフ、昔にもパリで販売していたそうです(現在は不明)

今年のサロンドパルファンのプロモも楽しみですね。

最後に、ティエリー・ワッサー氏の言葉を読売新聞から引用いたします。

アクアアレゴリア

香水の創作は、夢と香りがピタリと重なり合う瞬間を求めることです。

コメント

  1. […] きっかけは香水手帖さんのアクアアレゴリアのイベントレポートを見た事で、行ってみたいと思いました […]

タイトルとURLをコピーしました